住みよさランキング 2012年版--観点別上位

利便・野々市、快適・長久手、富裕・浦安/武蔵野がトップ

■「富裕度」は浦安(千葉)と武蔵野(東京)が4回連続首位をキープ

「富裕度」は浦安市(千葉)と武蔵野市(東京)がともに4回連続でトップの座を維持している。

浦安市は東京ディズニーリゾート、武蔵野市は吉祥寺という全国トップクラスの商業集積を擁しているうえ、市内には高所得層が居住する住宅街もあり、両市は3指標ともに全国1位を分け合っている。

3位のみよし市(愛知)は、前回、浦安・武蔵野両市とともに前回1位だったが、今回は「課税対象所得額」で20位と高水準ながら順位を落としたことが響いた。トヨタ自動車の工場と関連企業を擁しており財政面では恵まれた環境にあるが、これら企業を中心に業績低下などにともなう所得の減少が影響したとみられる。

同様の理由から、前回トップ10にあった愛知県内の近隣の刈谷市(4位→6位)、豊田市(5位→10位)、安城市(6位→14位)、碧南市(10位→17位)と、いずれも順位を下げている。

 

次ページ「住居水準」トップは?
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 最新の週刊東洋経済
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
関西電力がはまり込んだ<br>「原発マネー」の底なし沼

社会を揺るがした関電首脳らの金品受領問題。本誌は関係者による内部告発文や関電の内部調査報告書などで、「持ちつ持たれつ」の関係に迫った。実態解明は第三者調査委員会に委ねられるが、原発推進への自傷行為となったのは間違いない。