住みよさランキング 2012年版--観点別上位

利便・野々市、快適・長久手、富裕・浦安/武蔵野がトップ

■「安心度」は西之表市(鹿児島)がジャンプアップ

「安心度」は前回13位の西之表市(鹿児島)が1位となった。

「15~49歳女性人口当たり出生数」が増え、前回の116位から14位に大きく順位を上げたことが最大の要因である。一方で、前回首位の奄美市(鹿児島)は「介護老人福祉・介護老人保健施設定員数」の減少から同項目の順位が大きく下がり、32位まで後退した。

このカテゴリーでは上位10都市のうち8都市までを九州南部と沖縄地方の都市が占める。奄美・沖縄地方を中心として、この地域は出生率が高く、「15~49歳女性人口当たり出生数」では3位の由布市(大分)と8位の倉吉市(鳥取)以外は全国トップクラスの位置にあることが寄与している。

また、合志市(熊本)、人吉市(熊本)など大型病院等が立地し「人口当たり病床数」の評価が高い都市、野々市市(石川)や豊見城市(沖縄)など介護施設が充実し「高齢者人口当たり介護施設定員数」の評価が高い都市のように、都市によりタイプは異なる。首都圏からは、病床数、介護施設定員数の両方で全国トップクラスの青梅市(東京)が14位にランクインした。



(加藤千明 =東洋経済オンライン)

写真はイメージです。本文とは関係ありません。撮影:尾形文繁

 

トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大赤字のソフトバンクグループ<br>それでも強気を貫く根拠

収益に大きな貢献を続けてきたファンド事業がグループの決算に大穴を開けた。事態急変でも孫社長は「反省はするが萎縮はしない」。強気の理由は何か。いずれにせよ焦点は上場申請を取り下げた米ウィーの再建だが、長丁場になりそうだ。