住みよさランキング 2012年版--観点別上位

利便・野々市、快適・長久手、富裕・浦安/武蔵野がトップ

 

■「住居水準」は珠洲市(石川)が3年連続でトップ

「住居水準充実度」も珠洲市(石川)が3年連続でトップとなった。

このカテゴリーのトップ10は、北陸や東北地方のとくに山間部や半島部などに位置する、どちらかというと過疎化の進んでいる地域の都市で占められている。

その理由として、これらの都市(地域)は農林水産業が主要産業であり何世代にもわたり従事してきており、古くからの持ち家に住む世帯が多いこと、そのため全国平均と比べ3世代同居の比率が高いこと、また地域内での相互互助関係が強く、冠婚葬祭などの際に多くの人を自宅に招くといった地域特性もあって大きな作りの家が多いことなどがあげられる。

 

 

次ページ「安心度」トップは?
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 最新の週刊東洋経済
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • はじまりの食卓
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
部品3社が日立の傘下に<br>始まったホンダ系列大再編

ホンダと日立製作所が傘下自動車部品メーカーの経営統合を発表した。日立オートモティブシステムズがホンダ系のケーヒン、ショーワ、日信工業を吸収し、国内3位に躍り出る。世界のメガサプライヤーに対抗できるか。再編新時代が始まった。