日本は世界でも稀な「喫煙天国」になっていた

英国と比べると安くて、しかも買いやすい

欧州でマールボロは1箱2000円

ここで、たばこの値段の比較をしてみよう。

日本国内で460円で売られている代表的な米国製たばこである「マールボロ」(赤のハードボックス)は、英国では10ポンド前後、つまり2000円もする。

店頭でこの値段を聞いた訪英した日本人は「僕は1カートンもいらない、1箱欲しいだけだ」と店員に説明してしまったというエピソードもある。それほどまでに、英国のたばこの値段は高い。

しかも、「Smoking kills(喫煙はあなたを殺す)」という直接的な警告が書かれている。日本でも警告が書かれているが、ここまで目立つようにはなっていない。

日本のたばこは買いやすいし、しかも安い

欧州の人々には「過去のもの」に映るたばこの自販機

日本でのたばこの売られ方は、英国とはまったく異なっている。

前述の英国人、ポールさんは「いやー、ニッポンに行って驚いたのはコンビニなどでも簡単にたばこが買えるし、しかも安い。専用カードがなければ買えないとはいえ、たばこの自販機まで街のいたるところにある。自販機なんて英国からはとうの昔に消えてなくなっている」と驚きを隠さない。そのうえで、「日本は喫煙者にとって天国のような国です、と宣伝したらよいのではないか」と、思いもよらぬ「インバウンド誘客拡大に向けた提案」をしてくれた。

あくまで感覚的な比較だが、日本は先進国の中では「喫煙者にとって過ごしやすい国」なのかもしれない。一方、徹底してたばこを遠ざけて暮らしている「嫌煙主義者」にとって、日本は「たばこの煙から逃げるのが難しくてつらい国」と感じられるようだ。

英国人のジェーンさんは結婚相手を探す際、「性格とか年収とかを問う前に、非喫煙者かどうかをまず確認した」というほどのたばこ嫌い。そのジェーンさんは日本に訪れた際、自然あふれる風景にあこがれて、田舎を積極的に回って来たという。

その際に、つらい思いをしたという。

次ページジェーンさんの嘆きとは?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラの視点
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT