注意!非喫煙者にも迫る「肺がん」のリスク

肺・のどを労わるためのコンビニ飯は?

タバコを吸わないアナタにも、肺がんのリスクはあります(写真:Satoshi KOHNO / PIXTA)

日本男性の死亡原因第1位、女性でも第2位に入っているのが「肺がん」です。主な原因は、やはりタバコ。しかし、肺がんにも種類があり、タバコを吸わない人でも高いリスクを抱えている場合があります。

タバコを原因とする肺がんは、通常「扁平上皮がん」と呼ばれるものです。近年、国をあげての健康対策『健康日本21』で、COPD(慢性閉塞性肺疾患)の原因としてタバコに関する規制が厳しくなりました。

具体的には、タバコの値上げや吸う場所の規定、歩きたばこの罰金が厳しくなるなどの施策で、これにより男性喫煙者の人口が徐々に減少。結果、現在は「扁平上皮がん」の罹患率は下降傾向に転じています。

タバコ以外にも要注目の原因がある

しかし、逆にタバコを吸わない人でも罹患する肺がん「肺腺がん」は、罹患率が上ってきているのです。

肺腺がんの原因はいくつかあり、大気汚染や、エストロゲンの過剰分泌などと考えられています。「タバコを吸わないのになぜ肺がん?」と思われる方も多いと思いますが、出張や旅行、季節の変わり目など、環境の変化で咳が出やすくなる方は、特に気をつけてみてください。

大気汚染の原因は、空気中に潜むウイルスや花粉、黄砂、排気ガス、タバコや工場からの煙が挙げられます。これらの有害物質を過剰に吸い込んでしまうと、肺の末端にある「肺胞」がダメージを受け、がんになりやすくなると考えられています。

一方のエストロゲン。こちらは女性ホルモンの一種で、主に女性のがん因子として注目されています。月経期間が長い(初潮が早く、閉経が遅い)女性や、エストロゲン補充療法を受けたことのある女性に、肺がんの発症率が高いことが報告されているのです。

次ページ症状が出る頃にはかなり進行している場合も
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT