今が旬!日本人にこそカボチャが必要な理由

オレンジ色に詰まっている、あらゆる栄養素

仮装パーティに興味ナシという方も、ぜひカボチャは食してください!(写真:Shin@K / PIXTA)

10月になると、近年はコンビニにもハロウィンにちなんだ商品がズラリと並ぶようになりました。カボチャを使ったスイーツに、お弁当、スナック菓子など、季節限定の心動かされるアイテムが揃いますね。

秋はちょうどカボチャの食べごろ。旬の食材を食べる健康習慣としてもタイミング抜群です。健康や美容にもいいカボチャの栄養や効能などを知ったうえで堪能し、秋の健康管理に役立ててみてください。

そもそも、どうしてハロウィンにカボチャ?

前述の通りカボチャは秋が食べごろの食材なので、「ハロウィンにカボチャというのは季節の習わし?」と思う方も多いことでしょう。

ハロウィンカボチャの名称は「ジャック・オー・ランタン」といいます。世界各地で諸説あるようですが、ジャックという名前の素行が非常に悪い男性が亡くなったとき、天国からも地獄からも受け入れてもらえず、魂のまま人間世界をさまよう羽目になり、その際にカブでできたランターンに入った灯を渡されたのが起源、といわれています。

時代の流れと共にヨーロッパの人々がアメリカに渡り、アメリカではカボチャの収穫が多かったので、カブで作るものが主流だったランターンは、いつしたカボチャに変わっていったのだそうです。

それが日本にも伝わり、近年は大人も楽しめる仮装パーティなどが一般化してきました。一方で食品メーカーやスーパー、コンビニ各社は、ハロウィン・カボチャにちなんだメニュー開発に奮闘。今年も続々とお目見えしていますね。

次ページどんな健康効果が?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 最新の週刊東洋経済
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT