プロがこっそり教える「女性のための交渉術」

苦手意識を克服して堂々と交渉をしよう

マレーネ・リックスさんが教えるデンマーク流の交渉術とは?
給与・待遇・職務内容・家庭での役割分担――。「交渉」というと、自らの主張を押し通し、相手を言いくるめた者が勝つというイメージが強いのではないだろうか。そのため、交渉するという行為に苦手意識を抱いている女性は多い。しかしながら、人の意見に合わせてばかりいたり、つねに妥協してばかりいるような人生は、きっと面白くない。
そこで、11月8日(日)に慶應義塾大学にて行われた女性らしさを生かした協調型の交渉術を学べる講演、『Women Negotiating ~NOから始まる女性の交渉~』(主催:ちゃぶ台返し女子アクション実行委員会)の内容をレポートする。同講演では、ヨーロッパを中心に15年間交渉アドバイザーとしてキャリアを積んできたマレーネ・リックスさんが登壇。マレーネさんの出身地であるデンマーク流の「交渉」に対する考え方や、交渉術を教えてくれた。

女性は職場や家庭において毎日交渉を重ねている

本記事はWoman type(運営:キャリアデザインセンター)からの提供記事です

マレーネさんの講演は、「交渉」とは何かを定義することから始まった。まず、多くの女性たちが、交渉を「相手に対して自分の意見を押し通すものだ」と誤解しているという。

「たとえば、ケーキがあったとしますね。それを誰かと分けて食べるとき、全員分をきっちり同じサイズで分けることだけが公平というわけではありません。『あなたは今お腹が空いている?』、『もっと欲しい?』、『少なくていい?』……こういった対話を通じ、それぞれがその時に1番満足のいくサイズのケーキを自分のものにできるように調整する。これこそが交渉であり、お互いが最大のメリットを得られるプロセスです。『自分には交渉なんてできない』と考えている女性も多いかもしれませんが、それは違います。私たちは毎日、こうやって職場や家庭において交渉を重ねているはずなのです」

次ページ交渉が目指すもの
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ホンダ「フリード」がトヨタ「シエンタ」より売れるようになった訳
ホンダ「フリード」がトヨタ「シエンタ」より売れるようになった訳
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
15種類の「書き方」を徹底解説<br>無敵の文章術

ビジネスパーソンを中心に文章力の必要性が高まっています。在宅勤務における情報伝達手段として、メールやチャットは不可欠に。また精度の高い企画書はビジネスの成功に直結します。本特集ではシーンや目的別に、短期間でのスキル向上を目指します。

東洋経済education×ICT