ゴーン日産の野心、「ダットサン」を復活、新興国の覇者を狙う

自動車大国・中国では量から質へとシフト

全販売台数の約4分の1を占め、日産にとって最大市場である中国。同国では12年春から現地ブランド「ヴェヌーシア」の販売を始める。第1号車「D50」の価格は、6万7800元(約88万円)からと、現地メーカーと真っ向勝負する。

その一方で中国では、また別の挑戦をする。高級車「インフィニティ」の現地生産だ。

中国市場には07年にインフィニティを導入したが、11年の販売は約2万台にとどまる。現状では栃木工場のみで生産、25%の輸入関税がかかる。「欧州のラグジュアリーブランドはほとんど現地生産している。パワー88達成のため競争力上も現地生産は不可欠だった」(中村公泰・東風汽車有限公司総裁)。中国は高級車でも世界第2位の市場だ。競合他社も熱い視線を送る。フォルクスワーゲン(VW)中国の幹部は「乗用車市場における高級車比率は、米国が2割超だが、中国は7%程度。拡大余地は大きい」と見る。

日産は11年に中国で約125万台を販売した。販売台数には小型商用車も含まれるが、乗用車だけをとってもトヨタ自動車を抜き、名実ともに日系トップになった。今後、VWや米ゼネラル・モーターズ(GM)に次ぐトップ3入りを果たすには、「量の拡大だけでなく質の改善が重要になる」(西川副社長)。

実は日産・仏ルノー連合において、品質を含めた総合評価でトップ2の工場は、中国にある。1位が広東省の花都工場、2位が湖北省の襄陽工場だ。インフィニティは襄陽工場での生産が計画されており、質への転換は着実に進んでいる。

西林隆・中国事業本部長は中国事業の現状を「4本足」と表現する。平均月販1万台を超える車種が四つあるという意味だ。フラッグシップ車の「ティアナ」、「シルフィ」「ティーダ」、そして10万元を切ったサニー。ちなみに日本で月販1万台を超える日産車はない。「4本足で立つことで事業が安定し、リスク分散にもなる」(西林本部長)。

「正しいことを正しくやれば、正しい結果が出る」(山下副社長)。ゴーン社長の経営スタイルは社内で徹底されている。換言すれば、プロダクトアウトでなく、マーケットイン。その姿勢が日系メーカーで新興国戦略に先行できた最大の理由だろう。

ダットサンからインフィニティまで。日産の新興国戦略は新局面を迎える。「中国で勝てても他国で勝てるとは限らない。新しいゲームが始まる」(ゴーン社長)。高成長を実現するには、日産は変わり続けなければならない。

日産自動車の業績予想、会社概要はこちら

[+画面クリックで詳細チャートを表示]


(週刊東洋経済2012年5月12日号)

記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。撮影:尾形文繁
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナ後を生き抜く
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。