ゴーン日産の野心、「ダットサン」を復活、新興国の覇者を狙う

ゴーン社長直轄のK2プロジェクト

パワー88の実現に向けて、早くもゴーン社長は切り札を出した。これまで新興国では、日系メーカーのターゲットは主に中高所得者層。日産はダットサンで、より普及価格帯のボリュームゾーンへ切り込む。2輪車や中古車から新車を初めて購入する層に照準を定める。

ダットサンはかつて日産を代表する小型車ブランドだった。1958年に日産から初めて米国へ輸出された乗用車もダットサン。米国では「ダッツン」と呼ばれ、日産ブランドよりはるかに知名度が高かった。丈夫で長持ちするダットサンが持っていたDNAを新興国で復活させる。

その具体的内容は明らかになっていないが、14年からインド、インドネシア、ロシアの3カ国に投入する。各国で共通したモデルでなく、それぞれの国や地域の実情に合った車だ。インドネシアでは部品の現地調達率を高め、排気量は1・2リットル前後と、政府が策定中のグリーンカー・プログラムで優遇される車にする。同国では多人数乗車が多いため、マーチに近いコンパクトカーの車格で、3列シートの車が企画されているもようだ。

注目される価格は「エントリー・プライス・ポイント」(ゴーン社長)。インドネシアでは1万ドル(約80万円)以下、さらにインドでは「2500~3000ドル(約20万~24万円)の可能性もある」(同)。これまでの日系メーカーにはない最廉価帯の車なのは間違いない。

ダットサンはゴーン社長直轄のプロジェクトだ。開発コードは「K2」。K2は提携先であるロシア最大手の自動車メーカー、アフトワズが持つ小型車のプラットホームの呼称で、それをベースに開発を進める公算もある。ダットサンの基本的な開発は日本だが、現地ニーズに即した改良や部品調達、生産は現地で行い、低コストを実現する。

日産は00年代から海外の開発要員を大幅に増やしており、現在では約1・9万人のうち、5000人が海外拠点にいる。新興国の開発体制も強化され、インドでは10年秋の拠点開設からわずか1年半で、開発要員が720人まで増えた。研究・開発担当の山下光彦副社長は「グローバルな開発体制は日産の大きな強み。ダットサンの開発に向けた準備はできている」と語る。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • CSR企業総覧
  • コロナ後を生き抜く
  • 財新
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。