ゴーン日産の野心、「ダットサン」を復活、新興国の覇者を狙う

ゴーン日産の野心、「ダットサン」を復活、新興国の覇者を狙う

「日産にリスクなどない。何もしないことがまさにリスクだ」。この3月、横浜の日産自動車本社で開催された、新興国ブランド「ダットサン」の発表会。カルロス・ゴーン社長はそう言い放った。

つねに強気で“攻め”のリーダー、ゴーン社長の印象も重なり、今の日産は自信に満ちあふれている。だがイメージだけでなく、現在の日産は、自信を持つに十分なほどの成果を出している。

2012年3月期決算。日産は増収増益を達成し、営業利益で国内業界トップに躍り出た。販売台数は過去最高を軽く更新。11年は東日本大震災、そしてタイの洪水と、二度の大災害に見舞われたにもかかわらずだ。

「中長期のビジョンがはっきりしている。だから想定されない環境変化があっても、できるだけ早く元の道のりに戻そうというエネルギーが発揮される」(西川廣人副社長)。震災では生産正常化にもたつくライバルたちを尻目に、2カ月後には前年同月比プラスへと復活。タイ洪水の影響もほとんどなかった。

ツキだけではない。新興国で生産し、低コストを実現した「Vプラットホーム」。小型車「マーチ」や「サニー」のベースとなるプラットホーム(車台)だが、日産はリーマンショックがあっても開発を止めなかった。だからこそ他社に先んじて新車を投入でき、中国をはじめ新興国で販売台数を伸ばしている。

11年から日産は新しい中期計画「パワー88」をスタートさせた。17年3月期までに世界シェア8%(11年3月期5・8%)、営業利益8%(同6・1%)を達成するという、意欲的な計画である。販売台数は6年間で8割近く伸ばす。そのほとんどは海外で、うち3分の2は新興国で伸ばすもくろみだ。


ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナ後を生き抜く
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
なぜ取締役会に出席しない?<br>会社側の苦しい「言い訳」

役員会に出席せず改善の兆しがない取締役は、機関投資家や議決権行使助言会社から厳しい目を向けられています。株主総会招集通知から、取締役・社外監査役の取締役会出席率を独自集計し、欠席の多い人のランキングを作成しました。安易な選任の実態は?