《ミドルのための実践的戦略思考》伊丹敬之の『経営戦略の論理』で読み解く化粧品・健康食品メーカーの・経理担当課長・小泉の悩み

■理論の概説:『経営戦略の論理』

『経営戦略の論理』は、一橋大学名誉教授の伊丹敬之氏によって1980年に出版された書籍です。今から30年以上も前に出された初版は、その後、増刷、改訂などを経て、今日まで経営戦略の基礎的な教科書という位置づけで読み継がれています。その内容は、「戦略の市場適合」「戦略のインターフェイス適合」「戦略の内部適合」という3部構成になっており、企業の外部環境分析から内部環境分析までのどこに偏ることもなく、広く均等に戦略を分析する視点が、豊富な事例とともに整理されています。

ここでは、本書の中で紹介されたフレームワークや視点の中から、今回の事例と関係するものをいくつかご紹介していきましょう。

まず、第2部「戦略のインターフェイス適合」に紹介されている「ビジネスシステム」についてです。なお本書では、ビジネスシステムを、「顧客を終着点として、そこに実際に製品を届けるまでに企業が行う仕事の仕組みのこと」と定義しています。

図のようにビジネスシステムを分解し、把握することにより、何かがすぐに見えてくる、というわけでは当然、ありません。大事なのは、ビジネスシステムを把握した上で、ビジネスをいかに「設計」するかということです。

具体的には、
・自分で行う仕事はどこにするか?
・他の企業に任せる仕事はどこにするか?
・その任せた仕事は自社でどうコントロールするか?
といったことを考えることが重要になってきます。ビジネスシステムというのは、それを深く考える上でのきっかけになるわけです。

ビジネスシステムで分解したからといって、ビジネスシステムのあるべき姿が見えてくるわけでもありません。それを考えるためには、とある視点が必要になってきます。本書においては、ビジネスシステムの適合性をチェックするための3つのレベルとして「有効性」、「効率性」、そして「将来への波及効果」が紹介されています。

「有効性」とは、そのビジネスシステムの目的が何であり、その目的に即したビジネスシステムになっているのか、という観点です。合目的性と言い換えてもいいかもしれません。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT