検証・米国経済は改善していない

1~3月の世界的な株価上昇、リスク資産への投資資金の戻りを支えたのは、日米欧3極の中央銀行による金融緩和、それに、欧州債務問題による金融危機の懸念が後退したこと、米国の景気回復を示す指標が続いたことである。

欧州の債務問題については、ECB(欧州中央銀行)による昨年12月と今年2月の計1兆ユーロの大量資金供給で危機を封じ込め、PSI(債務交換による民間の債務負担)を含む第2次ギリシャ支援の決着、債務問題国への救済基金ESM(欧州安定メカニズム)の発足へ向けた動きにより、危機の連鎖を防ぐ体制が整いつつあると評価された。

しかし、3月後半になると、スペインの国債入札の不調をきっかけに、早くも株価はピークアウトし、反落した。金融危機は回避できても、欧州のファンダメンタルズ(基礎的経済要因)は依然として悪い、南欧諸国の緊縮財政と経済再建は両立しがたい、という現実があらためて認識されたためだ。

一方で、もう一つの好材料だった米国の景気回復への疑念も高まった。4月6日の米国の雇用統計が期待を裏切るものであったことが、市場のマインドの悪化に拍車をかけている。

第1四半期の景気指標に暖冬によるカサ上げ

まず米国の主要な景気指標を点検してみると、実質GDP(国内総生産)成長率は2011年の第3四半期、第4四半期と堅調に推移した(図)。12年第1四半期についても、年率換算で2%の伸びが予測されている。


政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • トクを積む習慣
  • ネットで故人の声を聴け
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT