検証・米国経済は改善していない

1~3月の世界的な株価上昇、リスク資産への投資資金の戻りを支えたのは、日米欧3極の中央銀行による金融緩和、それに、欧州債務問題による金融危機の懸念が後退したこと、米国の景気回復を示す指標が続いたことである。

欧州の債務問題については、ECB(欧州中央銀行)による昨年12月と今年2月の計1兆ユーロの大量資金供給で危機を封じ込め、PSI(債務交換による民間の債務負担)を含む第2次ギリシャ支援の決着、債務問題国への救済基金ESM(欧州安定メカニズム)の発足へ向けた動きにより、危機の連鎖を防ぐ体制が整いつつあると評価された。

しかし、3月後半になると、スペインの国債入札の不調をきっかけに、早くも株価はピークアウトし、反落した。金融危機は回避できても、欧州のファンダメンタルズ(基礎的経済要因)は依然として悪い、南欧諸国の緊縮財政と経済再建は両立しがたい、という現実があらためて認識されたためだ。

一方で、もう一つの好材料だった米国の景気回復への疑念も高まった。4月6日の米国の雇用統計が期待を裏切るものであったことが、市場のマインドの悪化に拍車をかけている。

第1四半期の景気指標に暖冬によるカサ上げ

まず米国の主要な景気指標を点検してみると、実質GDP(国内総生産)成長率は2011年の第3四半期、第4四半期と堅調に推移した(図)。12年第1四半期についても、年率換算で2%の伸びが予測されている。


政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT