ラグビー日本代表人気を支えた「影の立役者」

「五郎丸?え、船ですか?」時代を超えて

大金星を収めて人気に火がついたラグビー日本代表。その影の立役者が日本テレビの渡辺卓郎氏だ。背景にあるポスターは、通常は箱根駅伝や野球球の開幕戦などごく限られた場合にのみポスターを制作する日本テレビが初めてラグビー用に制作した

11月1日、ラグビーワールドカップ2015 イングランド大会が幕を閉じた。世界一をもぎ取ったのはニュージーランド。史上初の2連覇を果たし、世界中を熱狂させた。日本のラグビーファンもテレビにくぎ付けになった。

日本でここまでラグビー人気が高まったのは、新日鉄釜石や神戸製鋼などの社会人チームや、早明戦で国立競技場が超満員にふくれあがった70~90年代以来、いや、日本のラグビー史上初ではないだろうか。トリガーとなったのは、9月19日の南アフリカ戦。世界ランキング13位の日本代表が、過去2度もワールドカップを制している世界ランキング3位の南アフリカを逆転で破る大金星を挙げた。その夜を境に、日本のラグビーを取り巻く環境は一変した(ランキングは対戦当時)。

世界中のラグビーファンが、この試合結果に興奮し、震え、涙した。中でも、ひときわ感動をこらえきれず、涙する男が、あの日、会場となったロンドン郊外のブライトン・コミュニティスタジアムにいた。日本テレビのスポーツ局プロデューサー・渡辺卓郎氏だ。

日本テレビは、2007年のフランス大会から3大会連続でラグビーワールドカップの放映権を獲得しており、渡辺氏は2009年からディレクターとして、2012年からはプロデューサーとして同局のラグビー担当を務めている。「今年失敗したら、日本ラグビーに未来はない」。その「ものすごい危機感」を原動力に、選手やラグビー協会と二人三脚で、メディア界から日本のラグビーを盛り上げようと努力してきたひとりだ。

ことあるごとに「時期尚早」と言われたラグビーを押し続け、とうとうブーム再来という大輪の花を咲かせた陰の仕掛け人、渡辺卓郎氏に話を聞いた。

日本が勝てると思う人は本当に少なかった

ーー南アフリカ戦はものすごい試合でしたね。試合終了直前、敵陣深くでのPKチャンスでスクラムを選択し、アマナキ・レレイ・マフィからの、最後はカーン・ヘスケスが左隅に飛び込んでのトライ! あれには鳥肌が立ちました。私はまったくのラグビー初心者ですが、つい引き込まれてしまいました。

正直な話、試合前は、まさか南アフリカに勝てるとは思っていませんでした。南アフリカ戦の直前に開催されたアイルランドーカナダ戦が50対7で、日本テレビのラグビー解説者である大畑大介さんと、こういう結果だったらつらいね、なんとか20点差以内にはしたい、それなら健闘と言えるのではないか、と話していました。ラグビーを知っていれば知っているほど、日本が南アフリカに勝てると思っていた人はいなかったと思います。

ーーそれが、序盤から互角、いや互角以上の戦いぶりでしたね。

あれよあれよと先制するわ、逆転するわで……。ここにくるまで本当にいろんなことがあったので、思うところもあり、最後は涙が止まりませんでした。

次ページ事実上の、ラグビー日本代表の広報マン?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • コロナウイルスの恐怖
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
船・港――海の経済学<br>ニッポンの生命線が危ない

環境規制の強化によって、日本の海運会社は大きな投資を迫られています。中韓に敗れた日本の造船業界はさらなる再編が不可避に。日本の港湾の競争力低下も止まりません。「海をめぐるグローバル競争」の最前線を掘り下げます。