超一流のアイデア理論と料理上手は似ている

煮詰まってしまうのは頭で考えすぎるから

ひたすら考えた結果、何も出てこない。思考の悪循環です。実は人間の脳は、考えるだけではアイデアを生むことはできません。アイデアは既存の要素の組み合わせなので、脳の中にある既存の情報を、新しく組み合わせる必要があります。この脳内の情報の組み合わせが、考えるという作業では生まれにくいのです。

何もしないのも大切なステップ

先ほどご紹介したジェームズ・W・ヤング氏によると、アイデアを生みだすお作法とは次のステップです。

① 情報を収集する (._.)

② 考える (-_-)

③ 何もしない (´ε` )

④ ひらめく (・◇・)!

⑤ 煮詰まる(カタチになる) _φ(・_・)

①情報を収集して②考えるまでは、アイデアが煮詰まるやり方と同じですが、3つめのステップからが大きく違ってきます。

じっくり考えた後はその場から離れて、その仕事に関係することは何もせず、まったく違うことをする時間を作る。これが③何もしないステップ。アイデアを生みだす最重要ステップです。

まったく違うことをしているときに、脳は情報を整理する処理を開始。無意識のうちに脳内でいろいろな情報の組み合わせ処理が行われます。そしてあるふとした瞬間に「あ!」と新しい組み合わせを思いつく瞬間が訪れます。違うことをしているときに良いアイデアを思いつく、そんな経験ありますよね。これが④ひらめくステップです。

そしてひらめいたアイデアをベースに成果物を仕上げる。アイデアをカタチにするのが本来の意味での⑤煮詰まるステップです。

次ページ「水」「歩」「作」の儀式
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 白馬通年リゾートへの道
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地盤沈下に抗う<br>国際金融都市・ロンドンの秘策

強気の姿勢を押し出すジョンソン氏が首相に就任し、「合意なきEU離脱」が現実に迫る金融街シティー。逆境下で推進するフィンテック、グリーンファイナンス、人民元ビジネスの戦略を現地ルポ。イングランド銀行副総裁のインタビューも。

  • 新刊
  • ランキング