超一流のアイデア理論と料理上手は似ている

煮詰まってしまうのは頭で考えすぎるから

ところで、アイデアを生みだすお作法で最も重要なステップが「何もしない」~その仕事とまったくちがうことをするとお伝えしましたが、どんなことをしたら良いのでしょう?

アイデアが生まれやすい瞬間がある

これまで「はたらく女性のかていきょうし」として、働く女性をコンサルティングする中でいろいろなアイデアを出してきました。その経験上、アイデアが生まれやすい「儀式」があるということに気づきました。その「儀式」とは次の3つです。

水の儀式

アルキメデスが湯船に浸かった時に、浮力というアイデアがひらめいたのは有名な話。水には不思議なチカラがあるのか、入浴、シャワー、手洗い、皿洗いなど水に触れる行動は、アイデアが生まれやすいようです。

② 歩の儀式

「哲学の道」があるように、決まったルートを散歩して考える哲学者が多いようです。スティーブ・ジョブズもよく散歩して考えをまとめていたとか。散歩はアイデア出しに効果的な儀式ですが、仕事場から離れてトイレに歩いて行くだけでもアイデアが生まれやすくなります。

③ 作の儀式

庭いじり、料理など手作業をしているときにアイデアがひらめくという話もよく聞きます。あまり考えず、集中しながら手のひらに刺激を与える作業も、アイデアがひらめく効果的な儀式の一つです。

机に向かってずっと考え続けていると、マズいアイデアしか生まれません。お料理に共通した組み合わせのお作法を上手に使うと、上質なアイデアを生みだすことができます。最後に、このお作法を使う上で大事なコツをご紹介します。それはアイデアを考えているテーマについて「アンテナは常に立てておく」こと。頭の中のどこかで意識をし続けることが、アイデアを生みだす秘訣です。

アイデアと言えば、ニュートンは頭の上にリンゴが落ちるという奇跡的なきっかけで、万有引力のアイデアがひらめいたとされていますが、あれは作り話。歴史に残るあのアイデアも、彼がアンテナを立て続けていたからだというのが本当のようです。

「あなたは、どうやって重力の法則を発見したのでしょうか(リンゴのおかげですか)?」と聞かれたとき、ニュートンはこう答えたそうです。

「年がら年中、そのことばかりを考えていただけです」〜 アイザック・ニュートン

 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • 検証!ニッポンの労働
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。