いまROEが注目を集めるようになった裏事情

ROE経営は本当に日本企業を強くするのか

2015年1月につくられた新しい株価指数「JPX日経400」も、ROE向上への機運を高めた一因となりました。

この株価指数は、日本経済新聞社・日本取引所グループ・東京証券取引所が共同で開発したもので、3年間の平均ROEや、累積営業利益、基準時の時価総額などを加味した上位400銘柄を選んだインデックスです。

「JPX日経400」が重要な2つの理由

日本企業のROEが低い背景からROEを高める方法まで、ROEの本質を知るにはうってつけの一冊だ(上の書影をクリックするとアマゾンにジャンプします)

なぜ、この株価指数が重要なのかといいますと、2つの理由があります。1つは、日銀が買い入れている上場投資信託(ETF)に、JPX日経400も追加すると発表したこと。もう1つは、日本の年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)も、これを運用インデックスの一つに加えたということです。

日銀は、異次元緩和の一環として、ETFを月間2000億〜3000億円ほど買い入れています。また、GPIFも株式の運用比率を12%から25%まで引き上げました(2014年10月末以降)。最終的には合計で十数兆円規模の資金が株式市場に流れ込むことになります。つまり、JPX日経400に選ばれれば、その銘柄は当面の間、上がりやすくなるのです。

こういった背景から、企業にとって、JPX日経400に選ばれるかどうかということは、今後の自社の株価を大きく左右する一つのポイントになるというわけです。この株価指数に含まれるためにはROEを高めることが必須ですから、企業は必死に上げていこうとしている面もあります。

以上の動きが重なる中で、昨年からROEが一気に注目を集め、大企業は次々とROE向上に向けて動き出しているのです。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • フランスから日本を語る
  • 御社のオタクを紹介してください
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行員の岐路<br>30万人の明日はどっちだ

超低金利、過剰な店舗、デジタル化対応にフィンテックの台頭。大きな課題に直面する銀行の苦悩は、岐路に立たされる銀行員たちの姿でもある。3メガバンクの人事改革、銀行員の転職事情、地銀決算ランキングなど、銀行員必読の特集。