いまROEが注目を集めるようになった裏事情

ROE経営は本当に日本企業を強くするのか

株主の発言力が増してきたことを受けて、ROE向上を経営目標に掲げる企業が増えてきた(撮影:今井康一)
「ROE(自己資本利益率)」「自社株買い」「M&A」……1年くらい前から、新聞やビジネス誌の見出しに、このような言葉を多く見かけるようになりました。いま業種を問わず多くの上場企業がROEの目標を定めています。
なぜ、最近になって「ROE」が注目されているのでしょうか。そもそも、ROEとは何でしょうか。ROE重視の背景から企業の動向、そこから浮かび上がる問題点について考えたいと思います。今回は3回でお届けする連載の第1回です。

バブル崩壊以降、経営者たちは株主に目を向け始めた

もともと日本の経営者たちは、ROEを軽視していたわけではありませんでしたが、1980年代のバブル期までは、日本企業の株式の多くは、取引のある会社や銀行が持っていましたので、いわば「仲間同士」が株式を持ち合っている状況でした。いわゆる「株式持合構造」です。みんな旧知の仲ですから、お互いの経営についてうるさいことは言いません。

その結果、日本企業は内部志向が強まり、当然ですが、経営者たちは株主への還元についてあまり考えておらず、ガバナンスが効いていない会社も少なくありませんでした。そういった背景から、「会社は株主のことを考えていない」と長い間指摘され続けてきたのです。

ところが、1990年代後半あたりから状況が変わり始めました。バブル崩壊によって日本企業、とくに銀行が日本株を手放し、外国人投資家が受け皿となったのです。

こうして外国人投資家の保有比率が高まったことで、株主の発言力が増していきました。株主から会社に向けて「もっと収益率を上げてほしい」「積極的に投資をして、利益を追求してほしい」「ガバナンスを強化すべきだ」などといった要求が強まってきたのです。そこで企業は、ようやく株主に目を向け始めました。

次ページ何を目標に経営すればいいのか
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。