大往生したけりゃ医療とかかわるな 中村仁一著

大往生したけりゃ医療とかかわるな 中村仁一著

現役の医師である著者は、日本人はあまりにホイホイ病院に行きたがりすぎるという。そして、医者にかかれば、大概の病気は治療できると思っているが、それは大間違いで、本来、ケガや病気を治すのは本人の「自然治癒力」なのだから、医療はあくまでもそれをサポートするだけだということを自覚してほしいと強調する。

さらに、歳をとればどこか一つや二つ悪いところがあるのは当たり前、それが正常な老化現象であると語る。

つまり、死ぬときは死ぬというわけだ。死を遠ざけてきた現代人は、そこがわかっていないという。いかに医者にかからず自然死に至るか、また、老いと死を受け入れるか、その心得を説く。

幻冬舎新書 798円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 今見るべきネット配信番組
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT