(第36回)猛烈な競争圧力下の中国企業と若者たち

この連載の第26回で述べたように、大田区の町工場の数は、4000程度である。それに比べると、このサイトの企業総数は1000倍だ。異常な数といわざるを得ない。中国の人口は日本の約10倍なので、さまざまな対象について量的な規模は10倍と考えれば大きな間違いはない。しかし、企業数が1000倍というのは、想像を絶する。

これほど多数の企業との取引は、ITが利用できるようになって可能になったことだ。サプライヤーについての詳細な情報は、取引のために必要不可欠である。どこにどのようなサプライヤーがいるか、取引の条件はいかなるものか、相手は信頼できる企業か、等々の情報が必要だ。そうした情報が得られなければ、一つの企業内でさまざまな経済活動を行わざるを得ない。これが垂直統合だ。経済取引を市場を介して行うか、企業内で行うかは、情報の利用可能性によって決まる。ITの進歩によって、膨大な数の潜在的取引相手との水平分業が可能になったのだ。

水平分業への条件として、通常指摘されるのは、モジュール化(一つの製品を規格化された小さな部品に分解し、複数の企業での生産を可能とする方式)だ。それが重要なことは間違いないが、潜在的な取引先の情報が容易に得られることも、水平分業化のために不可欠なのである。

膨大な数の競争者が存在するため、猛烈な競争圧力が働く。分野を絞っても、競争相手が数社でなく、数百社というオーダーになる。だから、利益が圧縮される。とくに、製造部門で得られる利益が薄められる。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
今年こそ始めるプログラミング<br>AI時代の必須スキル

あらゆる産業でITとの融合が加速し、プログラミングは新たなビジネスや業務効率化に必ず役に立ちます。基礎的な考え方や実際の例文(コード)を満載してゼロから説明。4月から小学校で必修となる、教育の最前線もお届けします。