(第36回)猛烈な競争圧力下の中国企業と若者たち

しかし、「陰の工場」という抜け道があると、『中国貧困絶望工場』(アレクサンドラ・ハーニー著、日経BP社)は指摘する。法律を遵守するモデル工場の他に、第2工場、第3工場がある。そこでは、残業はごく普通に行われている。ウォルマートの監視員は、モデル工場しか見ない。陰の工場は、外国人のジャーナリストからは厳重に隠されている。

労働法を守っていては、ビジネスはできない。注文に応えるには、残業を増やすしかない。労働規制や最低賃金は、政府の宣伝にすぎない。これは公然の秘密だ。地元企業なら、地方の役人とのコネを利用して、うまくすり抜ける。これが汚職の温床になる。政治力はカネになる。政治が高度に金銭化しているのだ。そして労働者も違法残業を求める。かくして、過酷な条件下の労働が続く。

絶望ではなくて希望ではないか?

『中国貧困絶望工場』の中で、著者は、編み物工場で働く若い女性工員を詳細にフォローしている。彼女は、中学を中退したので、昇進は難しい。同僚は、仕事が早ければ月2万円の収入を得るが、遅ければ7000円だ。これば、現代版「女工哀史」といえるだろう。

しかし、工場から脱出する可能性は開けている。彼女は上昇志向が強く、チャンスをつかんで不動産仲介の会社に転職した。話し上手で愛嬌があるので、良好な販売成績をあげ、収入も増えた。今では、ボーイフレンドと名刺印刷の会社を始めようとしている。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • この新車、買うならどのグレード?
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衝撃!住めない街<br>自然災害・人口減を甘く見るな

東京・江東5区や川崎など、首都近郊でひっそりと「住めないエリア」が広がっています。近年の大規模災害で補修が追いつかないところに、人口減少、インフラ老朽化などが重なり、苦悩する街。その現実と、日本人の「住まい方」を考えます。