(第36回)猛烈な競争圧力下の中国企業と若者たち

(第36回)猛烈な競争圧力下の中国企業と若者たち

「アリババ」というインターネットサイトがある。中国企業との取引を支援するeコマースのサイトで、1999年に杭州で開設された。多数のアイテムの中から希望の製品を選び、条件を入れて検索すると、中国のサプライヤーが表示される。日本向けのサイトもある。

個人相手ではないので、必ずしも一般に広く知られているわけではないが、世界最大級のBtoB(企業対企業)サイトだ(ただし、取引の仲介は行っておらず、バイヤー・サプライヤー双方の責任で取引することとされている)。

これを見て驚くのは、サプライヤー数の膨大さだ。全世界版で、各カテゴリーの企業数を単純に足しあげれば、約400万社になる。ケタを間違えたのかと、何度もチェックしてしまう。「家電製品」では11万社を超え、その中の「携帯電話部品」だけで6000社ある(分野ごとの企業数は図を参照)。


政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 就職四季報プラスワン
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
100億円の寄付を即決<br>ユニクロ柳井会長の危機感

ともにノーベル賞を受賞した京都大学の本庶教授、山中教授に、ユニクロの柳井会長が過去最大規模となる総額100億円を寄付すると発表。研究支援を決めた背景には、サステナビリティ、社会課題の解決などに対する柳井氏の強いメッセージがありました。