(第36回)猛烈な競争圧力下の中国企業と若者たち

(第36回)猛烈な競争圧力下の中国企業と若者たち

「アリババ」というインターネットサイトがある。中国企業との取引を支援するeコマースのサイトで、1999年に杭州で開設された。多数のアイテムの中から希望の製品を選び、条件を入れて検索すると、中国のサプライヤーが表示される。日本向けのサイトもある。

個人相手ではないので、必ずしも一般に広く知られているわけではないが、世界最大級のBtoB(企業対企業)サイトだ(ただし、取引の仲介は行っておらず、バイヤー・サプライヤー双方の責任で取引することとされている)。

これを見て驚くのは、サプライヤー数の膨大さだ。全世界版で、各カテゴリーの企業数を単純に足しあげれば、約400万社になる。ケタを間違えたのかと、何度もチェックしてしまう。「家電製品」では11万社を超え、その中の「携帯電話部品」だけで6000社ある(分野ごとの企業数は図を参照)。


政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT