(第37回)「宮内庁ご用達」を日本企業はやればよい

(第37回)「宮内庁ご用達」を日本企業はやればよい

安価で大量の武器が技術的に優れた武器を圧倒した例は、歴史上数多くある。紀元前12世紀に高度の文明を築いたミュケナイ人は、精巧な青銅製の武器を用いていた。そこに北方から侵入したドーリア人の武器は、原始的な鉄製のもので、幾太刀か渡り合ったあとでは曲がってしまい、戦いをやめて元の形に戻さねばならぬような代物だった。しかし、青銅は貴金属で、きわめて高価だった。したがって、小数の精鋭軍にしか配備できなかった。

これに対して鉄製の武器は安価であり、全兵士に配備できた。そして、質の悪い安価な武器を持った大軍が、ミュケナイの精鋭軍を席巻してしまったのである。ミュケナイはあまりに完璧に破壊されたため、文書はすべて喪失し、ギリシャは紀元前750年頃まで文字を持たない状態を続けた。

何でこんな話を始めたかといえば、製造業においても、量が質を制する場合があるからだ。

前回紹介した「アリババ」で商品検索すると、その価格に驚く。日本では「消費電力は少ないが、器具は高い」というイメージがあるハロゲンランプが、1個10セント、つまり8円しかしない。高くても1ドルだ。日本では600円程度で、パナソニックなどのブランドメーカーの製品だと1000円を超える。

日本製とは品質面でだいぶ差があるのだろう。しかし、クロンプトンが購入しているので、粗悪商品というわけでもなかろう(クロンプトンは、1878年設立のイギリスの老舗メーカー。ウインザー城の照明を手掛けたことで有名)。

仮に質が悪いとしても、1個10円なら、切れたら取りかえればよい。量が質を凌駕しうるのだ。1個1000円のランプとは異質の使い方ができるのである。

大震災直後、「節電」のためにビルの廊下や階段が暗くなった。暗い階段で怪我するより、ハロゲンで電力を節約する方がずっとよい。電力問題が深刻になった日本で、安いハロゲンランプを大量に使える意味は高まっている。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT