(第37回)「宮内庁ご用達」を日本企業はやればよい

取引先を見て生産者を評価する

もちろん、アリババが提供する情報のすべてが信頼できるわけではない。実際、アリババでの詐欺事件が、2011年初めに発覚した。内部調査の結果、09、10年に計2300の中国サプライヤーが顧客に詐欺を働いていた容疑が発覚し、アリババの幹部が引責辞職した。

では、アリババで手に入るのは、ガラクタばかりなのだろうか? そうではあるまい。膨大な数の企業があれば、中にインチキ企業が交じるのは不可避だ。アリババは、よくも悪くも現代中国の象徴なのだ。だから、「これを無視し、日本人の仲間同士だけで系列を組み、蛸壺社会の中にいれば安全」とはいえない。そうしていては、現代の世界を生き延びられないだろう。

こうした場合にサプライヤーを評価する重要な手段は、取引先を見ることだ。人々は、前記の中国企業の取引先にクロンプトンの名があるので、信用する。生産者側にブランドがなく、信用されないので、納入先に有名企業を持つことが必要なのだ。つまり、「宮内庁ご用達」である。もちろん、誰もが「宮内庁」になれるわけではない。ブランドを確立している企業だけができることだ。

供給者としては、宮内庁的納入先が、のどから手が出るほど欲しいだろう。どんな安値でも供給したいだろう。「中国製品には粗悪品が多い。中国の企業と取引すれば詐欺にあう」と人々が考えるほど、買い手側の信用力の価値は増大するのだ。

これは、「貧しい中国人労働者を搾取する」のではない。うまく協力し、利用し合うのだ。相手が違う存在であるほど、分業の利益は高くなる。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • この新車、買うならどのグレード?
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
米国・イランのチキンゲーム<br>本質を知るための5大論点

ソレイマニ少将の殺害、報復攻撃と、米国とイランの対立が先鋭化し、年頭から世界を震撼させました。中東情勢が激動する中で、注視すべき事態の本質とは。国際政治からイラン経済まで、日本屈指のプロ5人に見立てを聞きました。