(第35回)日本製品が築いたブランドは崩壊寸前

(第35回)日本製品が築いたブランドは崩壊寸前

1980年代、ソ連の末期症状が誰の目にも明らかになった頃のアネクドート(小噺)だ。

ある男が1時間遅れで工場に出勤したら、逮捕された。職務怠慢罪である。1時間早く出勤した男も逮捕された。こんなに早く来るのは、工場の秘密を探ろうとするスパイに違いない。第3の男は始業時刻に1秒も違わずに出勤したが、やはり逮捕された。なぜか? ロシア製の時計では、これほど正確に出勤することはできない。日本製の時計を密輸入しているに違いない。

このとき、世界中の誰もが、「日本製なら信頼できる」と考えていた。日本製品は、あらゆる分野でブランド力を獲得していたのだ。

乗用車は、その代表だ。アメリカで日本車とは、「燃費が良くて故障しない」車の代名詞だった。60年代の末、私はアメリカ人に「日本車でもアメリカの高速道路を走れる」と言って大笑いされたことがあるのだが、それから10年少々の期間で、日本車は高い評価を確立することに成功したのだ。

この状態は、その後も続いた。2004年から05年にかけて、私がカリフォルニア州パロアルトにいたとき、道を走っている車のほとんどがトヨタだった。私自身もトヨタを買った。1年後に帰国するとき、値下がりせず確実に売れる車といえば、トヨタだからだ。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 内田衛の日々是投資
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • iPhoneの裏技
  • 埼玉のナゾ
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。