(第35回)日本製品が築いたブランドは崩壊寸前

(第35回)日本製品が築いたブランドは崩壊寸前

1980年代、ソ連の末期症状が誰の目にも明らかになった頃のアネクドート(小噺)だ。

ある男が1時間遅れで工場に出勤したら、逮捕された。職務怠慢罪である。1時間早く出勤した男も逮捕された。こんなに早く来るのは、工場の秘密を探ろうとするスパイに違いない。第3の男は始業時刻に1秒も違わずに出勤したが、やはり逮捕された。なぜか? ロシア製の時計では、これほど正確に出勤することはできない。日本製の時計を密輸入しているに違いない。

このとき、世界中の誰もが、「日本製なら信頼できる」と考えていた。日本製品は、あらゆる分野でブランド力を獲得していたのだ。

乗用車は、その代表だ。アメリカで日本車とは、「燃費が良くて故障しない」車の代名詞だった。60年代の末、私はアメリカ人に「日本車でもアメリカの高速道路を走れる」と言って大笑いされたことがあるのだが、それから10年少々の期間で、日本車は高い評価を確立することに成功したのだ。

この状態は、その後も続いた。2004年から05年にかけて、私がカリフォルニア州パロアルトにいたとき、道を走っている車のほとんどがトヨタだった。私自身もトヨタを買った。1年後に帰国するとき、値下がりせず確実に売れる車といえば、トヨタだからだ。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • この新車、買うならどのグレード?
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT