(第35回)日本製品が築いたブランドは崩壊寸前

日本車のブランド力が落ちている

シリコンバレーでベンチャービジネスに成功すれば、一夜で金持ちになる。そうした場合には、「それまでよりワンランク上のBMWを買う」というのが常識だったのだが、その頃には、トヨタのレクサスになった。その暫く前に出版されたトーマス・フリードマンの『レクサスとオリーブの木』は、レクサスを「グローバリゼーション」の代名詞として用いている。

レクサスでは成金趣味というなら、プリウスだ。05年のアカデミー賞授賞式では、リムジンの後座席でなくプリウスの運転席に乗って会場に現れるのが、「地球温暖化に深い関心を持つ知的な俳優」であることの証拠と見なされた。私は、ナタリー・ポートマンやグウィネス・パルトロウが自分でプリウスを運転して乗り付ける姿をテレビで見て、強い印象を受けた。この映像は彼女らのイメージ向上にも役立ったと思う。これこそブランド力である。

しかし、この状況は変わりつつある。図はアメリカでの新車販売のランキングである。それまでフォードを抜いて2位であったトヨタの凋落ぶりが著しい。市場シェアは、10年の15・2%から11年の12・9%に低下した。11年における日本車の減少には東日本大震災の影響も大きいし、為替レートの影響もある。しかし、トヨタの減少は震災前から生じている。また、日産と三菱はわずかであるがシェアをあげている。


政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT