名古屋三越栄店に陣太鼓が響いたワケ

新・名古屋名物に高級プリンが名乗り

名古屋三越栄店に陣太鼓が響いたワケ、新・名古屋名物に高級プリンが名乗り

2月15日から24日まで、名古屋三越栄店(名古屋市中区)ではエスカレーター取り換え工事のための「売り尽くしセール第3弾」を行う。その初日、地下1階の食品売り場の一角では足軽のたたく陣太鼓の音が小気味よく響いた。

「戦国おもてなし武将隊」の徳川家康と陣傘隊の市蔵が一日店長として、「グランスパティスリー」(名古屋市北区、古川博一オーナー)の特設店にやってきたのだ(上写真は、右から古川氏、徳川家康、市蔵)。

戦国武将隊は「イケメン」が集まっていることがひとつのウリ。根強い女性ファンもおり、10時、12時、14時に行われた限定販売イベントに繰り返し並ぶファンもいるほど。多くの買い物客が購入後に「徳川家康」と固く握手。遠巻きに写真を撮る買い物客も目立ち、売り場周辺には人だかりができた。

 


 肝心なのは売り物だ。ここで売られているのは、「葵プリン」というスイーツ。実はこれは、ただのプリンではない。昨年秋に名古屋市が主催して行われた「なごやめし博覧会」において、「第1回新なごやめしグランプリ」を受賞したスイーツ。三河の卵を使ったプリンには金粉が添えられ、器には美濃焼を使用した、見るからに高級感のあるご当地グルメだ。

 


 オーナーの古川氏は葵プリンを名古屋名物として根付かせることを目指す。グランスパティスリーでは三越栄店での特設店に続き、3月7日に名鉄百貨店本店に出店する計画だ。

はたして、「新なごやめしグランプリ」が定番として地元の女性のハートをつかみ続けるかどうか--。第2回、第3回へと「なごやめし博覧会」を継続していくためにも、今後の売れ行き動向は重要な意味を持ちそうだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT