就業率85%!フランス女性「働き方」の秘密

すべてを自分で抱えこんだりしない

パリに到着し、タクシーでホテルへ向かおうと乗り場へ。バカンスから戻った人がここでも長蛇の列を作っている。ところが、タクシーが少ない。運転手もバカンスをとっているからだ。30分待って、ようやく乗り込むことができた。

レジ係が殺気立つ閉店間際のスーパー

女性の新しい"はたらきかた"についての詳細は、週刊東洋経済臨時増刊「ワークアゲイン」(好評発売中)をご覧下さい

8月のパリはオペラもバレエも休演。オーケストラのコンサートも休演。有名レストランも休業中。知らずに来た旅行者は、とまどうことだろう。多くの個人商店もバカンスで休業している中、スーパーは通常通り営業している。うっかり閉店間際に入ったスーパーで、働く人の真情も垣間見た。

そのスーパーは午後9時閉店なのだが、日本のスーパー並みにもっと遅い時間と勘違いし、のんびりおみやげをカゴに入れていた。すると警備員が近寄ってきて、「レジを閉める」と告げる。時計の針は午後8時50分を指している。おみやげ満載のカゴを持って、慌ててレジに向かうと、4つほどのレジにお客が数人ずつ並んでいる。

うちひとつに並ぼうとすると、レジ係が「閉鎖」という札を出して阻止する。午後9時までに会計できなかったら、カゴの中身を置いて店を出ないといけないのだろうか。「閉鎖」でないところに並ぶと、レジ係が「ここはカードか小切手専用のレジだけど」。幸い、クレジットカードを持っていた。順番を待っている間に、別の女性レジ係が警備員に怒鳴る。

「まだ、店内に大勢人が残っているの?!」

殺気立った雰囲気の中、どうにか午後9時までに会計を済ますことができた。広い店内に閉じ込められては大変と、急ぎ足で店を出る。働く人の権利を守るためには、買い物の時間も考慮しなくてはいけないのだ。

にぎやかな大家族に、管轄外の「仕事」をしてくれた駅長、時間通りに仕事を終えようとキリキリしているレジ係。短期間の旅行者にも、フランスは多様な顔を見せてくれた。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 埼玉のナゾ
  • 日本野球の今そこにある危機
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 僕/私たちの婚活は今日も終わらない
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
最新! 危うい会社リスト<br>7つの指標で徹底解析

高成長会社と危ない会社は紙一重。業績順調な企業も先行きは安心できません。突然巨額赤字に陥る、そもそも行き詰まっているなど、将来リスクを抱える会社を多様な切り口でリストアップしました。7つの指標であなたにも見分けられます。