就業率85%!フランス女性「働き方」の秘密

すべてを自分で抱えこんだりしない

新鮮な魚介類を買って調理するのは、アランにとってイベントではなく日常のこと

そんなアランのフットワークの軽さと家事能力の高さをある日、まざまざと見せつけられた。午前、一緒に近くの港町のマルシェ(市場)へ。アランは慣れた様子で、オマールエビを品定めして購入。昼にはオーブンで焼いてふるまってくれた。午後は別の港へ。趣味のヨットに乗せてくれる。沖合で風を受け、ヨットは静かに進む。アランは大きな帆を張ったり、降ろして収納したり。かなり体力のいる趣味だ。

夕方帰宅すると、「秘密のデザートを作る」と言って長男と台所にこもる。その日の夕食はニナが用意したが、締めくくりには、ミルフィーユが登場した。パイ生地の間にカスタードクリームとイチゴ、フランボワーズ(キイチゴ)がはさまっている。男性2人でこんなかわいらしいお菓子を作っていたのかと思うと、ほほえましい。

夕食後、シャワーを浴びるため浴室へ行くと、アランが浴槽の掃除中。「ちょっと待って。はい、きれいになったから、どうぞ」と言う。入浴を済ませ、台所を通りかかると、アランは食器洗い乾燥機にお皿を入れているところ。まさに、大活躍の一日だった。

長男と次男がボール遊びをして騒いだり、けんかして次男が泣き叫んだり。長女と次女が口論して次女がむくれたり、アランの冗談にみんなで笑ったり。子だくさん家庭はにぎやかだ。アランとニナは目に余る場合は注意するが、基本的に子どもの自主性に任せている。個性豊かな子どもたちを見ているだけで、楽しい。やっぱり子どもは宝物なのだ。

次ページ共働きしやすい環境ならではのシワ寄せ
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 僕/私たちの婚活は今日も終わらない
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ニセコ 熱狂リゾートの実像<br>開発に翻弄される小さな北の町

「パウダースノー」を求め、北海道のニセコに殺到する外国人客。その数は住民約2万人の14倍にも及びます。観光ばかりでなく、別荘が建ち不動産投資も活発化しましたが、地価高騰やインフラ整備負担による財政圧迫の問題も出ています。活況と苦悩の両面に迫りました。