カヤックが「変な制度」を作り続けるワケ

「面白法人」のワーク・ルールズ<前編>

──そう考えると、この合宿はすごいですね。でも、普通は何か元を取ろうなどと思いますが。

「ぜんいん社長合宿」の様子

柴田:もうちょっと有効利用しようとするのが普通だと思いますが、元を取ろうとは本気で考えていません。それでも、「ぜんいん人事部化計画」や「スマイル給」など、ここから生まれている制度も多かったりします。これは出そうと思って出しているわけではなく、偶然です。ほかの会社でも、合宿の機会はあるでしょうが、おそらくそれは商品開発のためとか、経営理念を考え直す場みたいになるでしょう。カヤックはブレストだけですから。

この「ぜんいん社長合宿」の価値は、継続にあります。ボディブローのように効いてくる施策だから、ずっとやっていることに意味がある。やめても意外とすぐには何もなくならないでしょうが、長期的にはけっこう効いてきそうですね。

面白い人事制度は本当に必要なのか?

──そういえば、経営理念は何でしたっけ?

柴田:現在は「つくる人を増やす」です。

──これいいですよね。この『ワーク・ルールズ!』の本にも書いてありましたが、達成できないというか、永遠に追い続けるものという理念やミッションは、いいと思います。グーグルが目指すのは、情報の整理なので、終わりがない。そういう意味で言うと、カヤックはそれなのかなと思いました。

三好:経営理念以外にも「何をするかより誰とするか」と「面白法人」というキーワードも、理念に近いくらい大切にしています。確かに、どれも永遠に答えがないというか、追い続けていくものなのかなと思います。

──御社は受託でのお仕事も多いと思います。そういう会社にユニークな人事制度とか面白いものが必要なのか、と思ってしまいますが、実際のところはどうなのでしょうか。

松原:カヤックの今の仕事は、オリジナルコンテンツと受託と半々ぐらい。ただ、両者は提供の仕方が違うだけで、面白い技術や企画で、新しいコンテンツをマーケットに出すことが事業だと思っています。ですので、クリエーターが面白いものを作り続けられる環境というのがいちばん重要です。そう考えると、面白い制度とか人事のあり方が大切になってきます。

柴田:でも、利益を出すために面白い制度が必要なのかと言われたら、別に必要でないし、面白法人として面白がついているからやりますが、ほかの方法はいくらでもあるとは思います。

次ページ有名な「サイコロ給」の狙いとは
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
  • 占いのオモテとウラ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT