ラグビーW杯、南アフリカがサモアに圧勝

6トライを決めて46対6

 9月26日、ラグビーのW杯イングランド大会、1次リーグB組では前回日本に敗れた南アフリカがサモアに46─6で圧勝。写真はトライを喜ぶ南アフリカの選手たち(2015年 ロイター)

[バーミンガム 26日 ロイター] - ラグビーのワールドカップ(W杯)イングランド大会は26日、各地で1次リーグの試合を行い、B組では前回日本に敗れた南アフリカがサモアを46─6で下した。

南アフリカは先週末の初戦で日本に32─34で敗戦。しかしこの日は6トライを決めて圧勝した。

南アフリカは1勝1敗でトップの勝ち点7。サモアは日本と同じ勝ち点4。

日本は10月3日、サモアと対戦する。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 最新の週刊東洋経済
  • 最強組織のつくり方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
米国・イランのチキンゲーム<br>本質を知るための5大論点

ソレイマニ少将の殺害、報復攻撃と、米国とイランの対立が先鋭化し、年頭から世界を震撼させました。中東情勢が激動する中で、注視すべき事態の本質とは。国際政治からイラン経済まで、日本屈指のプロ5人に見立てを聞きました。