ラグビーW杯、日本がスコットランドに完敗

後半に連続失点し10-45で完敗

 9月23日、ラグビーのW杯イングランド大会、B組の日本(写真)はスコットランドに10─45の完敗を喫した(2015年 ロイター)

[ロンドン 23日 ロイター] - ラグビーのワールドカップ(W杯)イングランド大会は23日、各地で試合を行い、B組の日本はスコットランドに10─45の完敗を喫した。

日本は前半15分にナンバー8のマフィがトライを奪い、7─12で前半を折り返し。後半6分にPGで2点差まで詰めたが、マフィの負傷退場をきっかけに疲れが見え始め、5トライを許した。

日本のエディー・ジョーンズ監督は「集中力を欠いたわけではない。うまく作戦を遂行できなかっただけ」とし、大金星を挙げた南アフリカ戦から中3日の試合による疲れは影響していないと話した。

1勝1敗の勝ち点4の日本はB組3位に。トライ4つ以上を決めて勝ち点5を獲得したスコットランドが首位に立った。日本の次戦は10月3日で、サモアと対戦する。

このほか、A組ではオーストラリアがフィジーに28─13の勝利。D組のフランスはルーマニアを38─11で制し、2連勝とした。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 性暴力サバイバーの明日
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
6800億円の巨額減損<br>みずほに不足する「稼ぐ力」

みずほFGが巨額損失の計上による業績下方修正を発表した。損失の大半がリテール部門にひもづく新システムの減損で、「リテール不振」が際立ったともいえる。坂井社長の言う「前向きな減損」も、稼ぐ力あってこそ。効率化、稼ぎ頭の構築と道は険しい。