ラグビーW杯、日本がスコットランドに完敗

後半に連続失点し10-45で完敗

 9月23日、ラグビーのW杯イングランド大会、B組の日本(写真)はスコットランドに10─45の完敗を喫した(2015年 ロイター)

[ロンドン 23日 ロイター] - ラグビーのワールドカップ(W杯)イングランド大会は23日、各地で試合を行い、B組の日本はスコットランドに10─45の完敗を喫した。

日本は前半15分にナンバー8のマフィがトライを奪い、7─12で前半を折り返し。後半6分にPGで2点差まで詰めたが、マフィの負傷退場をきっかけに疲れが見え始め、5トライを許した。

日本のエディー・ジョーンズ監督は「集中力を欠いたわけではない。うまく作戦を遂行できなかっただけ」とし、大金星を挙げた南アフリカ戦から中3日の試合による疲れは影響していないと話した。

1勝1敗の勝ち点4の日本はB組3位に。トライ4つ以上を決めて勝ち点5を獲得したスコットランドが首位に立った。日本の次戦は10月3日で、サモアと対戦する。

このほか、A組ではオーストラリアがフィジーに28─13の勝利。D組のフランスはルーマニアを38─11で制し、2連勝とした。

関連記事
トピックボードAD
  • インフレが日本を救う
  • 最新の週刊東洋経済
  • iPhoneの裏技
  • グローバルアイ
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SONY静かなる再興<br>自動車ビジネスに本腰

「人命にかかわる事業はやらない」という不文律を破り、車載製品に本格参入するソニー。今後3年で1兆円を投資する主軸、得意の画像センサーを自動運転システムに展開する。最高益のその先を支えるカネのなる木となるか、禁断の果実か。