(第34回)正確に誤るよりは、およそ正しくありたい

印刷
A
A

パナソニックの尼崎第3工場は失敗だったといわれるが、工場建設の細部は正確に行われたのだろう。誤っていたのは、工場を作るという決定そのものであったのだ。

現場力の強さが正当化されるのは、技術が安定的で、経済条件も大きく変化しない世界だ。80年代まではそうであった。これは、ITが普及する前、新興国が工業化する以前だ。それが変わったのだ。

表は、『フォーチュン』誌が毎年作成するフォーチュン500のアメリカ企業上位10社を利益額の順に並べたものだ。60年は石油会社と製造業だけである。それが11年には様変わりし、金融業が増えた。製造業はアップルとIBMだけだが、どちらもIT関連で、しかも従来の製造業とは性格が異なる企業だ。


政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT