三菱重工、第2の柱で狙う「利益倍増」の野望

利益800億円"寄せ集め"部門のポテンシャル

ターボチャージャーはガソリン車のエンジン小型化に伴って世界的に需要が伸び、当社の生産台数も2016年には1000万台の大台突破を目指す。コンプレッサーはエチレン、肥料などの化学プラント用を得意としており、今後は米国市場を中心に改造・サービス分野も伸ばす。エンジンは分散型電源用の需要を着実に取り込んでいく。

機械・設備部門について「新中計の期間中には全事業を黒字化させる」と語るドメインCEOの木村和明取締役。

――伸長事業には含まれてない中小規模の事業が数多くありますが、そうした事業の改革にはメドがついたのですか。

規模が小さくとも、しっかり稼げている事業はある。問題となるのは、黒字でも先細りになりそうな事業、低・不採算の事業だ。この1年半でだいぶ手を打ってきたが、宿題として残っている事業案件はまだある。そうしたものについても、同業他社との再編・協業や、体制見直しなど必要な対策を講じ、新中計の期間中には全事業を黒字化させる。

上から指示でなく、当事者に考えさせる

大事なのは、事業の当事者たちが主体性を持って再生プランを考えること。収益の厳しい事業に上から「ああしろ」「こうしろ」と指図するのは簡単だが、それでは事業の持続的な発展にはつながらない。撤退や縮小となれば、一番つらい思いをするのはその事業で働く従業員たち。自分たちの事業は自分たちで守る、そういう気概を持って、やるべきことを考えてくれとボールを投げている。

今後はドメイン内のシナジーも本格的に創出していく。たとえば、自動車メーカーと取引のある事業を例に挙げると、試験装置、カーエアコン、ターボチャージャー、工作機械など7つもある。従来はバラバラに営業していが、それでは非効率だし、幅広い製品を手掛ける三菱の総合力が十分に発揮できない。技術や生産の面でも、ドメイン内の連携で効率化できる余地はある。知恵を絞って、そうしたシナジーを早期に顕在化させたい。 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 最新の週刊東洋経済
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
関西電力がはまり込んだ<br>「原発マネー」の底なし沼

社会を揺るがした関電首脳らの金品受領問題。本誌は関係者による内部告発文や関電の内部調査報告書などで、「持ちつ持たれつ」の関係に迫った。実態解明は第三者調査委員会に委ねられるが、原発推進への自傷行為となったのは間違いない。