年商40億円の農家だっているんです--緒方大助・らでぃっしゅぼーや社長(第2回)

特に食品や農業におけるドメインの大きさに可能性を感じました。当然ながら世界最大のメダカより世界最小のクジラのほうがデカイわけです。確かソフトバンクの孫正義社長も同じようなことをおっしゃっていましたが、ドメインが大きいほど会社は大きくなるし、ドメインを決めるのは経営者の仕事なんです。
 
 そういう意味でも、らでぃっしゅぼーやの伸びしろは魅力的で、経営者としては大きな絵が描ける会社だと思っていました。自信はなかったけど、2つのビジョンは見えていましたね。

1つは、食の部分で国民にもっと喜んでもらうことができるのではないかということ。当時、非常に不幸なことに、消費者と生産者の関係性は雪印集団食中毒事件に代表されるような「不信と不正」という負のスパイラルに入っていました。
 
 本来、「信頼と感謝」という正のスパイラルであるほうがお互い幸せなはずです。消費者と生産者の間に入る流通として“善循環”を生み出すことができる数少ない会社だなと思っていました。

2つ目めのビジョンは、日本の農業を変えられるのではないかということ。それまでも僕はさまざまな形で農家とかかわることがありましたが、日本は農業なんかやめちゃえばいいのに、とさえ思うこともありました。
 
 もちろん環境や制度が生産者のモチベーションをそいできたのでしょうが、職業倫理や志というものが感じられない生産者をたくさん見てきました。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 埼玉のナゾ
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。