国の暫定規制値の10分の1を基準値として放射性物質の独自検査を行っています--緒方大助・らでぃっしゅぼーや社長(第1回)

国の暫定規制値の10分の1を基準値として放射性物質の独自検査を行っています--緒方大助・らでぃっしゅぼーや社長(第1回)

--2011年6月、静岡県産のお茶から国の暫定規制値を超える放射性物質が検出されたと話題になりましたが、この事実を明らかにしたのが「らでぃっしゅぼーや」の検査でした。農産物の宅配というビジネス上、もともと食の安全について高い意識を持っていたと思いますが、なぜ独自に放射性物質の検査を行っているのですか。

当社は1988年の創業以来、「らでぃっしゅぼーや」のブランドで20年以上にわたり有機・低農薬農産物の会員制戸別宅配事業を展開しています。

福島の原発事故以来、自社検査だけでなく、九州と東京の第三者分析機関3社にお願いして検査体制の整備に力を入れてきました。品目をその都度決めて抜き取り検査を行っていた最初の頃に、第三者分析機関の検査に出した静岡茶が引っかかったんです。
 
 その後徐々に体制が整い、11年9月からは東北・関東・甲信越17都県の全産地・全品目の検査を実施できるようになりました。結果もすべてネット上で公開しています。会員の方には不検出一覧のチラシなどもお届けしています。

特徴的なのは、放射性セシウムについて自主規制値を採用している点です。飲料水・牛乳は20ベクレル/キログラム、青果物・コメ・精肉・鶏卵は50ベクレル/キログラムと、国の暫定規制値の10分の1に設定して検査を行っています。
 
 放射性物質に対して小さいお子さんは大人の10~15倍くらい感受性が強いと聞きましたので、当社では規制値を国の暫定規制値の10分の1に定めたのです。

人気記事
トピックボードAD
  • 北朝鮮ニュース
  • 礒部公一のプロ野球徹底解説!
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「脱ファッション」が進む<br>渋谷の街の最前線

渋カジ、コギャルなど若者ファッションの聖地だった渋谷。ここが100年に1度の大規模再開発で、オフィスや飲食店が増えアパレル店舗が減少しているのだ。来年エンタメビルとして生まれ変わるSHIBUYA109など、変わりゆく街の今を追う。