社畜のススメ 藤本篤志著

社畜のススメ 藤本篤志著

「社畜」は哀れで情けない存在だという「常識の誤謬」を正そうとする。

「自分らしさ」を必要以上に求める天才型の筆者が書いた自己啓発書を鵜呑みにすることから生まれるのは、ずっと半人前のままという悲劇だ。天才型ではない人が現実から抜け出す最適の手段は、あえて意識的に組織の歯車になること。時代の最先端を走っているかに見えるビジネス界のリーダーのような人でも多くが歯車の時代を経験し、社畜となって働いていた時期があると、著者は指摘する。

「ワーク・ライフ・バランス」「残業は悪」「転職によるキャリアアップ」といった「美辞麗句」に踊らされない、一般会社員にとって正しい生き方を指南しようとする。

新潮新書 714円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 最新の週刊東洋経済
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
新車販売の3割が自社登録<br>BMW「自爆営業」の実態

高級輸入車BMW。その国内販売店で今、大量の新車が中古車として売られている。日本法人が課した厳しいノルマで、ディーラーが自社登録しているのだ。本誌はBMWジャパンの強引な販売の証拠となる内部資料を入手。背景にも迫る。