社畜のススメ 藤本篤志著

社畜のススメ 藤本篤志著

「社畜」は哀れで情けない存在だという「常識の誤謬」を正そうとする。

「自分らしさ」を必要以上に求める天才型の筆者が書いた自己啓発書を鵜呑みにすることから生まれるのは、ずっと半人前のままという悲劇だ。天才型ではない人が現実から抜け出す最適の手段は、あえて意識的に組織の歯車になること。時代の最先端を走っているかに見えるビジネス界のリーダーのような人でも多くが歯車の時代を経験し、社畜となって働いていた時期があると、著者は指摘する。

「ワーク・ライフ・バランス」「残業は悪」「転職によるキャリアアップ」といった「美辞麗句」に踊らされない、一般会社員にとって正しい生き方を指南しようとする。

新潮新書 714円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行 地殻変動<br>先で待つ「不良債権地獄」の恐怖

コロナ危機を受け、銀行は政府の支援の下、積極的に「傘」を差し出し、融資をしています。しかし融資先には「危ない企業」も含まれ、下手をすれば不良債権によって屋台骨を揺るがしかねません。自ら大きく変わり始めた銀行の近未来を占います。