TOB阻止完全対策マニュアル 伊藤歩著

TOB阻止完全対策マニュアル 伊藤歩著

会社法の施行から6年が経ち改正作業が進み、中間試案が公表された。企業不祥事が相次ぎ発覚したことから、社外取締役の選任義務化などに注目が集中しているが、著者は、個人株主を軽視した「キャッシュアウト=スクイーズアウトの大罪」こそが問題だと指摘する。

近年の株安局面でTOB(株式公開買い付け)によって証券市場から離脱する企業が後を絶たず、その結果、100万人の株主が何も知らぬまま、「言い値」で株を取り上げられた。これは、自分の所有物が意思に反して奪い取られることを合法とする現行会社法の欠陥であるのに対して、進行中の法改正では、取締役会の承認や株主併合で「居残り株主」を追い出せる方向にさえ進みそうだという。

株式投資はもちろん自己責任だが、「売却の価格や時期を見ず知らずの他人に勝手に決められてしまう」ことを問題視し、安易なTOBに豊富な事例と精緻な分析によって警鐘を鳴らす。

財界展望新社 1890円

  

関連記事
トピックボードAD
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
携帯料金は4割下がる?<br>「高い」の根拠を徹底検証

菅官房長官の「4割下げられる」発言の数値的根拠は正当か? やり玉に挙がるキャリア3社の携帯通信料金の解明に担当記者が挑む。結論は「高いとはいえないが、キャリアは儲けすぎ」。取られすぎと感じる人必読の渾身リポート。