(第28回)雇用が減少したのは零細企業と超大企業


企業規模で違う海外進出時期

以上で見た過程は、製造業の海外移転と密接に関連している可能性が強い。考えられるのは、次のような図式だ。

大企業は、新興国との競合が激しくなったため、生産を海外に移して国内の雇用を減らした。大企業に部品を供給するメーカー(特にレベル3、4の企業)は、国内で生産を続ける。04年ごろ以降の円安の期間には、大企業が輸出を伸ばし、国内への部品発注も増えたので、生産活動が活発化した。しかし、この恩恵はレベル5の企業までは届かず、新興国からの輸入品との競合で受注が減少し、生産活動が縮小した。

これを確かめるために、企業規模ごとの海外進出の状況を見よう。前回、海外進出企業の比率は、企業規模によって大きな差があることを見た。進出時点も、企業規模によって大きな差がある。大企業(資本金10億円超の企業)では、97年において、すでに775の企業が海外進出していた。それが00年に798になり、09年に1111になった。97年から09年までの増加率は43%、00~09までの増加率は39%である。

中堅、中小企業の動きは、かなり違う。中堅企業(資本金3億円超10億円以下)では、進出企業数は97年には323あったが、00年には169まで減少した。それが09年に404まで増加した。00年から09年の間に2・4倍になったわけだ。つまり、00年以降の増加が顕著である。中小企業(資本金3億円以下)も同様の傾向を示している。97年から00年までは348から388に増えたにすぎないが、09年には1255と、00年の3・2倍になった。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT