(第29回)製造工程なき製造業、日本は方向付け不定

(第29回)製造工程なき製造業、日本は方向付け不定

かつてこの連載で、コンピュータの輸出と輸入について、「1990年代までは輸出が輸入を上回っていたが、現在では逆転している」と述べた。電気機器の貿易パターンも、90年代までと現在とでは、かなり違う姿になっている。図は、88年と2010年における輸入と輸出の差額を示したものである(貿易統計では、電算機関係は「一般機械」に分類されており、「電気機器」に含まれていない。なお、図の半導体等電子部品から通信機までは、電気機器の内訳である)。

88年において、電気機器の輸出額は約8兆円であり、輸出総額額34兆円の約4分の1だった。これは、自動車の輸出額(6・25兆円)より多かった。そして、電気機器の輸出超過は6・75兆円で、貿易黒字総額10兆円の約7割を占めていた。

しかし、10年には、半導体関係を除くすべての電気機器で、輸出超過額は95年より縮小した。音響映像機器や通信機では、輸入が輸出を上回るようになった。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT