(第30回)工場のない生産こそアップル高収益の源

(第30回)工場のない生産こそアップル高収益の源

アップルの製品を生産しているのは、中国にある台湾EMS企業の子会社だと前回述べた。これは最終組立工程で、部品は、世界中のさまざまな企業が生産している。

米調査会社のアイサプライ社は、アップルが発売したiPad2を分解し、その原価を調査した。結果は、表に示すとおりだ。それによると、iPad2の部品コストは326・60ドルである。これに製造コストを加えると、原価は336・60ドルになる。これを729ドルで販売している。原価の2倍以上の価格で販売しているのだから、驚くほどの利益が出るのも、驚くにはあたらない。


 アップルが提供しているのは、「このような製品を思いついた」というアイディアと、「世界中のファンが行列を作っても買う」というブランド力だけだ。いや、「だけだ」という表現は適切でない。アイディア力もブランド力も、他の企業が到底追随できないものなのだ。だからこそ、アップルは時価総額で世界第2位の企業になったのである。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 戻りたくなる組織の作り方
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
約10年で3000店が消滅、「町の本屋」の切実事情
約10年で3000店が消滅、「町の本屋」の切実事情
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
100年時代の人生&行動戦略<br>ライフシフト超入門

人生100年時代の覚悟と実践を提示した書籍『ライフシフト』の「1」と「2」が話題です。高齢化社会で働き方や学び方はどう変わるのでしょうか。本特集では著者インタビューやライフシフトの実践例も掲載。長寿時代を乗り越えるためのヒントが満載です。

東洋経済education×ICT