(第30回)工場のない生産こそアップル高収益の源

(第30回)工場のない生産こそアップル高収益の源

アップルの製品を生産しているのは、中国にある台湾EMS企業の子会社だと前回述べた。これは最終組立工程で、部品は、世界中のさまざまな企業が生産している。

米調査会社のアイサプライ社は、アップルが発売したiPad2を分解し、その原価を調査した。結果は、表に示すとおりだ。それによると、iPad2の部品コストは326・60ドルである。これに製造コストを加えると、原価は336・60ドルになる。これを729ドルで販売している。原価の2倍以上の価格で販売しているのだから、驚くほどの利益が出るのも、驚くにはあたらない。


 アップルが提供しているのは、「このような製品を思いついた」というアイディアと、「世界中のファンが行列を作っても買う」というブランド力だけだ。いや、「だけだ」という表現は適切でない。アイディア力もブランド力も、他の企業が到底追随できないものなのだ。だからこそ、アップルは時価総額で世界第2位の企業になったのである。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT