(第30回)工場のない生産こそアップル高収益の源

(第30回)工場のない生産こそアップル高収益の源

アップルの製品を生産しているのは、中国にある台湾EMS企業の子会社だと前回述べた。これは最終組立工程で、部品は、世界中のさまざまな企業が生産している。

米調査会社のアイサプライ社は、アップルが発売したiPad2を分解し、その原価を調査した。結果は、表に示すとおりだ。それによると、iPad2の部品コストは326・60ドルである。これに製造コストを加えると、原価は336・60ドルになる。これを729ドルで販売している。原価の2倍以上の価格で販売しているのだから、驚くほどの利益が出るのも、驚くにはあたらない。


 アップルが提供しているのは、「このような製品を思いついた」というアイディアと、「世界中のファンが行列を作っても買う」というブランド力だけだ。いや、「だけだ」という表現は適切でない。アイディア力もブランド力も、他の企業が到底追随できないものなのだ。だからこそ、アップルは時価総額で世界第2位の企業になったのである。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 「コミュ力」は鍛えられる!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。