(第30回)工場のない生産こそアップル高収益の源

「工場なき製造業」を実現するファブレス企業は、低付加価値の生産・組立工程はEMS企業にアウトソースし、自らは開発と販売という高付加価値業務に特化する。それによって利益を追求する。右に述べたことを言い直せば、「アップルはスマイルカーブの両端だけを行っている」ということになる。

この方式をネガティブに見れば、「儲からない仕事は、よそにやらせる。利益が上がる仕事だけをやる」ということになる。生産設備や工場を持たず、従業員を雇わないため、労働争議とも関係がない。労務管理部門などの泥臭い仕事とも無関係だ。また、独自技術の開発や、製造ノウハウの蓄積にも関心がない。製造現場の知恵を製品開発に反映させるという発想もない。現場からの改善提案を重視する現場主義の思想とは異質のものだ。

日本では、このような観点から、ファブレス化に反対する人が多い。『2005年版ものづくり白書(製造基盤白書)』は、次のような調査結果を示している。

(1)日本の製造業で最も利益率の高い工程が「製造・組立」だと回答した企業は44・4%。(2)「販売」との回答は、30・8%。(3)「研究」が最も高いとする企業は、わずか0・7%、「開発・設計・試作」は8・4%。

つまり、日本では逆スマイルカーブが成立しているということになる。しばしば「日本企業は、弱い本社機能に強い現場力」と言われるが、それが裏付けられている。簡単に言えば、日本の製造業は、「モノづくりそのもの」というわけだ。

こうなる理由として白書は、「各部門間の情報共有と調整によって、市場変化に迅速に対応し、最適な部品調達と生産管理が行われているためだ」としている。1980年代の末に『メイドインアメリカ』が日本の製造業を絶賛したのと同じ発想だ。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT