(第28回)雇用が減少したのは零細企業と超大企業

総じて言えば、製造業の従業員減少は、小規模企業と超大企業を中心として起こったことになる。前者での減少が約半分を占め、後者が12%程度を占めた。

つぎに、従業員数と企業数について、00年と09年の比較を資本金別に見ると、図に示すようになる。

資本金100億円以上では、企業数はほとんど減っていないが、従業員数が1割減になっている。つまり、企業は存続しているが、「人減らし」を行ったのだ。

ところが、資本金3000万円未満では、企業数の減少率が従業員数の減少率を上回っている。つまり、企業が廃業することによって従業員数が減ったのだ。このように、従業員減少の原因は、超大企業と小規模企業ではかなり異なる。

なお、資本金5000万円以上1億円未満では、企業数も従業員数も、00年から3%程度増えた。これは、従業員数別の傾向と同じものだ。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • 忘れえぬ「食い物の恨み」の話
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT