ANAのマレーシア線がJALと競合しない理由

13年ぶり再参入の狙いと課題を探る

13年ぶりの成田-クアラルンプール線はボーイング「787」で運航する(撮影:尾形 文繁)

東南アジアの中心に位置するマレーシア。マレー半島とボルネオ島の一部・サバサラワク州から成り立ち、約3000万の人口を抱える。IMF(国際通貨基金)によれば、2014年の国民1人当たりのGDP(国内総生産)は約1万0800ドルと、シンガポール(同約5万6000ドル)や日本(同約3万6000ドル)ほどではないが、タイの2倍前後、インドネシアやフィリピンの3倍前後と、東南アジアの中では経済的に潤った国の一つだ。

首都はクアラルンプール。180万人以上が暮らす街である。そんな東南アジア有数の大都市と、日本の成田国際空港を直行で結ぶ空路がこの9月から拡充された。全日本空輸(ANA)が、成田-クアラルンプール線を就航したのだ。

利用者低迷で2002年に運休していた

ANAはかつて1995年~2001年にかけて関西国際空港-クアラルンプール線、2001年~2002年に成田-クアラルンプール線(ともにバンコク経由)をそれぞれ運航していたものの、NY同時多発テロを受けた利用者低迷の影響をはじめとして、路線再編の一環で運休を余儀なくされた。つまり、ANAにとってマレーシア線は13年ぶりの再参入となる。

成田-クアラルンプール線の就航を記念してセレモニーを開いた

これまで成田-クアラルンプール線は、日本航空(JAL)とマレーシア航空、東南アジア最大のLCC(格安航空会社)であるエアアジアの中長距離線ブランド「エアアジアX」が、運航してきた。ただ、エアアジアXは成田-クアラルンプール線を今年8月に運休して、2010年12月に就航した羽田-クアラルンプール線に集約した。
ANAは、ここに割って入る。

日本の2大航空会社の一翼を担うANAが就航するのだから、「マレーシアへの出張や観光のために移動する日本人利用者がメインターゲットで、JALと真っ向から競合するのだろう」と思ったら大間違いだ。

ANA、JAL、マレーシア航空、エアアジアXが、首都圏空港とクアラルンプールを結ぶ路線の運航ダイヤを見てみよう。

次ページANAとJALのダイヤに見られる違い
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT