ビジネスパーソンが選ぶ「最強のエアライン」

ANA、JALの順位は?1833人が明かした本音

今年もゴールデンウィーク(GW)が終わった。この時期、海外旅行に出掛けたという人も少なくないだろう。自分が利用したエアラインに、あなたは満足しただろうか。

過去3年で海外渡航したのは65%

路線網、設備、サービス――。エアラインの「ウリ」はさまざまだ。日本のビジネスパーソンが「他人にお薦めしたい」と思うエアラインはどこなのか。『週刊東洋経済』は、会員制の転職サイト「ビズリーチ」に依頼して、2015年3月下旬にアンケートによる調査を実施した。

週刊東洋経済2015年5月16日号(11日発売)の特集は『最強のエアライン』。外国人観光客が押し寄せるなど日本の「空」にはかつてないチャンスが。日本の航空会社は勝てるのか。全50ページで追いました(上の画像をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします)

回答者はビズリーチに会員登録しているビジネスパーソン。一般企業でもミドル層~エグゼクティブ層が中心だ。回答者総数は1833人。そのうち過去3年間に海外渡航歴があると回答した人数は1242人(男性87%、女性13 %)で、年齢層は50~54歳(20%)が最も多く、45~49歳(19%)、40~44歳(17%)と続く。年収は750万~999万円(30%)が最多で、次が1000万~1249万円(20%)だった。

週刊東洋経済編集部では「これまで利用したことがあり、今後、ほかの人に薦めたい航空会社を3社まで選んでください」という問いを設定して調査を実施した。「これまで利用したことがある」エアラインに限定したのは、イメージではなく実際に搭乗した上での評価を知るためだ。

その気になる結果は? 高い評価を受けたベストエアラインのトップ10を紹介していこう。

次ページ1位に輝いたのはどこか?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。