ビジネスパーソンが選ぶ「最強のエアライン」

ANA、JALの順位は?1833人が明かした本音

大手エアラインの現行主力機の1つであるB777(写真:keyboo787 / PIXTA)
7位 ルフトハンザドイツ航空 9.4%

「子連れで遠距離のフライトに利用した際、サービスが親切で行き届いていて素晴らしかった」(30代男性・コンサルティング)、「定時運航・事故率低い・ヨーロッパ各地へ行くには便利・スターアライアンス(のマイルが貯めやすい)」(50代男性・メーカー)。

8位 エミレーツ航空 8.4%

「美味しい機内食、有能なスタッフ、シートの心地よさ、価格がすばらしく適切」(30代女性・その他)、「サービスが素晴らしい。機内食や、(座席の)後ろにいつでもとれる軽食などがありよかった」(20代男性・広告)

9位 デルタ航空 7.5%

「英語が話せるのであれば臨機応変の対応度が高い。また、シートをよいところに変えてもらえるなどの利点も多い」(30代男性・コンサルティング)、「至れり尽くせりのいわゆる日本式サービスではないが、安全・定刻に抜群の信頼感がある」(40代女性・金融)。

10位 エールフランス航空 6.5%

「エコノミーでもシャンパンが提供される。飲み物がセルフで、飛行中いつでも飲める」(40代男性・その他)、「客室乗務員の対応がとても優れており、なおかつ、女性の客室乗務員は美人ばかりだから」(30代男性・その他)。

※ ※ ※

普段、エアラインを使うことの多いビジネスパーソンの本音の意見だけに説得力がある。出張や旅行などでエアラインを選ぶ際の参考にしていただきたい。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • おとなたちには、わからない
  • 最強組織のつくり方
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ戦争は国家総力戦に<br>迫り来る「感染爆発」

東京のロックダウン、病床の不足……。新型コロナウイルスと戦う日本の国家体制を整理し、最前線の医療現場を支える根拠法を踏まえて詳解しました。経済対策はリーマンショック時を上回る60兆円超が見込まれています。