ANAのマレーシア線がJALと競合しない理由 13年ぶり再参入の狙いと課題を探る

印刷
A
A

ただし、ここでANAにとっての課題が見えてきた。それはマレーシア現地における「ANAの知名度」だ。クアラルンプール発・成田行きで筆者の隣に座ったマレーシア人ビジネスマンはこう言い放った。「JALの名前は知っていたが、ANAは広告を見て就航することを知った航空会社だ」。

なんせ、13年のブランクがあるワケだから、知名度が低いのは仕方がない。ロイ・ゲイANAクアラルンプール支店長も「ANAが運休している間にマレーシア国内の認知度が下がったことは確か」と認める。

広告宣伝や地道な営業活動がカギ

幸いなことに、ANAは英国の航空格付け会社であるSKYTRAX社の5つ星エアラインという称号を持っており、航空会社として国際的に認められているというアピールポイントになる。この活用をはじめとするマレーシアでの知名度向上を狙った広告宣伝や、地道な営業活動がカギとなるだろう。ロイ・ゲイANAクアラルンプール支店長は「旅行会社や出張手配を専門とするTMC(トラベルマネジメントカンパニー)などを通じての販売を強化し、知名度を高めていきたい」と話している。

ロイ・ゲイANAクアラルンプール支店長

知名度、ブランドを高めなければ、いくらスムーズな乗り継ぎができる運航ダイヤを設定しても、高い搭乗率は確保できない。今後、外国人利用者の増大を目指すANAにとって、今回の取り組みは将来を占う試金石ともなる。

マレーシアに出張や旅行へ行く日本人の視点で見てみると、ANAの成田-クアラルンプール就航により、東京(成田・羽田)-クアラルンプール線は4社から選べるようになった。とにかく安く行きたい旅慣れたLCC利用者層はエアアジアX、スケジュール重視でワンワールドをメインでマイルを貯めている人はJALとマレーシア航空、深夜便が苦手な人やスターアライアンスをメインでマイルを貯めたい人はANAという構図になるだろう。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
「からあげ」業界、激烈なブームの「賞味期限」
「からあげ」業界、激烈なブームの「賞味期限」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT