女性管理職にケチをつけたい、後輩の本音

「あなたみたいにオス化したくない」の真意

この「オス化」という言葉、身支度に10分しかかからない、といった外見に構わない女性という意味だけでなく、オトコ社会をおじさまと同化して生き抜いている女性といった意味合いでも使われているようですが、なんだか嫌な言葉ですよねぇ。男前に力強く頑張っている、というよりも、オンナを捨ててなりふり構わず仕事している、といった否定的な言葉に聞こえるし、見た目を揶揄する言葉として使われることの方が多いみたいですから、余計に胸にこたえます。

正直、外見がちょっと…な場合も多い

でもねぇ。そういう相談を受けるときに、上司の女性陣と面識がある場合はその姿を思い浮かべるのですが、化粧っ気がなかったり、体型やお洋服に気を遣っている風でなかったりする女性が多いことも確かなのです。もっと言うと、それだけではなくて、ちょっとがさつな雰囲気だったり、デリカシーのない発言や断定的な物言いをしてしまったりするタイプであることも。

ひるがえって、相談している若手女性を見返すと、きちんとメイクして髪を整え、ネイルも施しているし、流行をさりげなく取り入れた服装に持ち物で、普通に可愛らしい……。ぐうの音も出ません。まぁ、その瞬間、私もいつも「私もあっち系だ!」と気付き、大慌てで目の前の女性から目をそらしてしまう「オス」の一員なわけですから、「なるほどねぇ」と唸ってしまうわけです。

キャリア女性は、同性に憧れを感じるとき、その女性の仕事ぶりやポジション、成果だけでなく、「見た目」「立ち居振る舞い」もあわせて総合的に判断しているものです。男性だってそういう部分はあるでしょうが、女性の方が顕著な気がしますね。

女性は同性が、仕事でいくら輝いていても、見た目が今イチだと憧れない。「そういう部分を諦めて、仕事を頑張った人なんでしょうね」となってしまう。男性は、仕事で成果を出した人がイケメンでなくたってぽっちゃりしていたって、「ああはなりたくない」とは言ったりはしません。仕事の成果とその人となりや見た目とを分けてみているからでしょう。

あなたの場合は、どんな見た目で、どんなコミュニケーションスタイルの方かわかりませんので、なんとも言えないのですが、恐らくその部下の女性が並べる退職の理由を、一つひとつ論破したのが反論の引き金になったのでしょう。あなたに憧れないことだけが仕事を辞める理由にはならないわけで、いろいろと辞めたい理由があったのだと思います。それがいくら子どもっぽい、幼い理由だったとしても、まずは受け止めて共感することが大事なのです。

でも、それをひとつずつ否定していく論法を取ることで、あなたと彼女の距離はますます大きくなってしまい、とうとう彼女は感情を爆発させたと考えるべきだと私は思います。つまり、彼女の発した言葉は、本当に許し難い侮辱の言葉だけれど、上司としてのあなたにも至らなさがあったということです。

次ページ忙しいが、やはり「見た目」は大事
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT