あきらめない 村木厚子著

あきらめない 村木厚子著

いわゆる郵便不正事件で大阪地検に無実の罪で逮捕された著者(当時、厚労省雇用均等・児童家庭局長)の半生記。前半は公務員としての体験談だが、特に二女を育てながら極限まで仕事をやり抜くキャリア官僚としての苦労がハイライトとなる。とはいえ、何とかなる、どんなことも無駄ではないという肩から力を抜いた姿勢は、働く女性たちに大いに参考になろう。いい意味での開き直りの姿勢、自然体の生き方の具体例がさまざまに語られ、自分をよく見せようなどと感じさせる箇所が見当たらないのも好感が持てる。

セクハラ防止のための立法、障害者自立支援法への取り組みなど行政面での成果も素直に読めて説得的である。逮捕と164日の拘留を家族、友人、同僚に支えられて頑張り抜いた顛末も興味深い。取調室や拘置所でのささいな観察や巧まざるユーモアもさることながら、苦難が物事と人間を見る目を養ったように見えるところは印象的だ。(純)

日経BP社 1470円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT