文化と外交 パブリック・ディプロマシーの時代 渡辺靖著 ~国際社会でどのように生きたいかが問われる

文化と外交 パブリック・ディプロマシーの時代 渡辺靖著 ~国際社会でどのように生きたいかが問われる

評者 中沢孝夫 福井県立大学特任教授

企業の社会的評価の高さは、社員のモラールアップに欠かせないが、国家もまた国際世論とともにある。相手国の人々の「心と精神を勝ち取る」パブリック・ディプロマシー(世論外交)の意味を、豊富な事例と説得的な「論」の点検を通して語る本書は、今日のわが国のありかたに大きな示唆を与えている。

「この世にユートピアが存在しないように、負の現実を持ち合わせない社会も、無謬の政策も存在しない。そうした現実を意図的に隠蔽し、都合よく脚色することはもはや完全なる時代遅れであり、むしろ自らを批判できる『器の大きさ』や『自省力』あるいは透明性や対話力といったものが、メタ(上位の)・ソフト・パワーを構成するようになっている」と著者は指摘する。

そうなのだ。日本はどのような国際的地位を獲得したいのか、あるいは国際社会でどのように評価されたいのか、ということを問うとき、文化の厚みや普遍性を根拠とした国際的な対話力が欠かせないだろう。それは時には砲艦以上に役に立つ。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT