文化と外交 パブリック・ディプロマシーの時代 渡辺靖著 ~国際社会でどのように生きたいかが問われる

文化と外交 パブリック・ディプロマシーの時代 渡辺靖著 ~国際社会でどのように生きたいかが問われる

評者 中沢孝夫 福井県立大学特任教授

企業の社会的評価の高さは、社員のモラールアップに欠かせないが、国家もまた国際世論とともにある。相手国の人々の「心と精神を勝ち取る」パブリック・ディプロマシー(世論外交)の意味を、豊富な事例と説得的な「論」の点検を通して語る本書は、今日のわが国のありかたに大きな示唆を与えている。

「この世にユートピアが存在しないように、負の現実を持ち合わせない社会も、無謬の政策も存在しない。そうした現実を意図的に隠蔽し、都合よく脚色することはもはや完全なる時代遅れであり、むしろ自らを批判できる『器の大きさ』や『自省力』あるいは透明性や対話力といったものが、メタ(上位の)・ソフト・パワーを構成するようになっている」と著者は指摘する。

そうなのだ。日本はどのような国際的地位を獲得したいのか、あるいは国際社会でどのように評価されたいのか、ということを問うとき、文化の厚みや普遍性を根拠とした国際的な対話力が欠かせないだろう。それは時には砲艦以上に役に立つ。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT