文化と外交 パブリック・ディプロマシーの時代 渡辺靖著 ~国際社会でどのように生きたいかが問われる

文化と外交 パブリック・ディプロマシーの時代 渡辺靖著 ~国際社会でどのように生きたいかが問われる

評者 中沢孝夫 福井県立大学特任教授

企業の社会的評価の高さは、社員のモラールアップに欠かせないが、国家もまた国際世論とともにある。相手国の人々の「心と精神を勝ち取る」パブリック・ディプロマシー(世論外交)の意味を、豊富な事例と説得的な「論」の点検を通して語る本書は、今日のわが国のありかたに大きな示唆を与えている。

「この世にユートピアが存在しないように、負の現実を持ち合わせない社会も、無謬の政策も存在しない。そうした現実を意図的に隠蔽し、都合よく脚色することはもはや完全なる時代遅れであり、むしろ自らを批判できる『器の大きさ』や『自省力』あるいは透明性や対話力といったものが、メタ(上位の)・ソフト・パワーを構成するようになっている」と著者は指摘する。

そうなのだ。日本はどのような国際的地位を獲得したいのか、あるいは国際社会でどのように評価されたいのか、ということを問うとき、文化の厚みや普遍性を根拠とした国際的な対話力が欠かせないだろう。それは時には砲艦以上に役に立つ。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナ時代の人づくり最前線
  • あの日のジョブズは
  • 就職四季報プラスワン
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT