アメリカ最優秀教師が教える相対論&量子論 S・L・マンリー著、吉田三知世訳

アメリカ最優秀教師が教える相対論&量子論 S・L・マンリー著、吉田三知世訳

現代物理学の相対性理論や量子論は、日常感覚と懸け離れているので、難しいと思っている人は少なくない。たとえば、時間というものは進んだり遅れたりする、粒子の位置と速さの両方は同時に正確にはわからない、すべてのものは粒子であると同時に波でもある、とされる。

しかし、今や身近なGPS(全地球測位システム)は、地球の周りを回っているいくつかの衛星からの信号を解読して、対象物の位置を約25センチメートル以内のずれで特定するが、この精度の実現には相対性理論的効果の計算が必須だという。

現代物理学の考え方を、ユニークな登場人物たちの掛け合いで理解させようとする、型破りの入門書。

講談社ブルーバックス 840円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 中原圭介の未来予想図
  • ココが違う!結果びと
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。