アメリカ最優秀教師が教える相対論&量子論 S・L・マンリー著、吉田三知世訳

アメリカ最優秀教師が教える相対論&量子論 S・L・マンリー著、吉田三知世訳

現代物理学の相対性理論や量子論は、日常感覚と懸け離れているので、難しいと思っている人は少なくない。たとえば、時間というものは進んだり遅れたりする、粒子の位置と速さの両方は同時に正確にはわからない、すべてのものは粒子であると同時に波でもある、とされる。

しかし、今や身近なGPS(全地球測位システム)は、地球の周りを回っているいくつかの衛星からの信号を解読して、対象物の位置を約25センチメートル以内のずれで特定するが、この精度の実現には相対性理論的効果の計算が必須だという。

現代物理学の考え方を、ユニークな登場人物たちの掛け合いで理解させようとする、型破りの入門書。

講談社ブルーバックス 840円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。